素面 読み方。 素面(シラフ)の意味・語源とは?使い方・例文や類語・英語表現も

「素面」の意味や語源は?使い方の例文や類語・対義語なども解説

読み方 素面 読み方 素面

✊ シラフがお酒に関わることが強いのに対し、「正気」の場合はお酒を飲んでいるかどうかは前提とはしません。 また、この表現は「シラフになってから出直してこい!」と言うように強めの口調または命令形で用いられることもあります。

20
「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 2.素面の意味と類義語について では素面の意味と類義語について見ていきましょう。

【素面】〝すっぴん〟ではありません!この漢字正しく読めますか?

読み方 素面 読み方 素面

👇 「素面に戻ったら、彼女にさっきのことを謝ってね」• その場合は作戦の一種なので、ちゃんと拒否しないと調子に乗ります。 (引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より). 飲酒をしていないことを強調するためには、sober単体でなく、酒を連想させる語と組み合わせるようにしましょう。 素面を用いた例文としては、「この話は素面(しらふ)では話せない」や、 「素面(すめん)で稽古を行うのは危険だ」のような使い方で用いられています。

彼は突拍子もないことを口にするが、常にシラフです。 「シラフでいたい」とか「お酒が飲めない」なら、料理を楽しむというのも十分ありです。

素面(シラフ)の意味・語源とは?使い方・例文や類語・英語表現も

読み方 素面 読み方 素面

⚛ drunkはdrinkの過去分詞形であるため、「飲んではいない」という意味でなく「 酒に 飲まれていない」という意味になります。 (私はシラフです)」の形で表現します。

17
熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。 そして使い方ですが、お酒を飲んでいる時に使われます。

「シラフ」の意味と使い方とは?語源や類語表現も解説【例文つき】

読み方 素面 読み方 素面

🐲 soberには「そもそも酒を飲んでいない状態」と「酒を飲んだ後に酔いが醒めた状態」という別々の意味があります。 飲み会関連でご紹介した記事ですので、気になる方はちょっと読んでみてはいかかでしょうか。 しかし、「素面」には「すめ」や「すめん」という読み方もあります。

18
「シラフ」を使った例文• drunkの部分を「飲料」を意味する「drink(ドリンク)」と読んだり、単語や意味を混同しないよう注意が必要です。

「素面」の意味や語源は?使い方の例文や類語・対義語なども解説

読み方 素面 読み方 素面

😗 「素面」の対義語 素面には以下のような対義語があります。 「シラフ」はカタカナで書く場合が多いですが、一方で小説や新聞などでは漢字表記をすることもあります。 また状態を説明するだけではなく、「大丈夫?」と相手を気づかったり、酔っ払っていることをからかったりする時にも使います。

19
彼の行動は異様だが、極めて「シラフ」の状態である。 「すめ」同様「シラフ」と同じ意味もありますが、「すめん」の読みは一般的に「面を着けていない」または「化粧をしていない」意味で使用されます。

「素面」の意味や語源は?使い方の例文や類語・対義語なども解説

読み方 素面 読み方 素面

⚐ つまり酩酊してはいない、通常と変わらぬ状態であることを表します。 そういった雰囲気に馴染めば、シラフでもどうこう言われることはありません。 そして「シラフ」の意味には、他の言葉と同じように由来があります。

7
また、お酒を飲んでいるかどうか、酔っぱらっていないかどうかを確かめる時にも使われます。

「素面(しらふ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

読み方 素面 読み方 素面

✆ He is acting quite weird but he is totally in his right mind. sober 素面の• 具体的な「正気」の意味は、「異常ではない、正常な心の状態」を表します。 「飲酒しているのに、まるでしていないかのように見える人」に対して使います。 「素面」について 「すめ」と読む場合は、「酒気を帯びていない状態」か「何事も無い状態」の意味になります。

18
「シラフ」の使い方と例文 「シラフ」は酩酊時のような言動をする時にも使われる 「シラフ」は基本的に「普段の状態」、つまり意味の通る発言やいつもと変わらぬ言動を周囲に見せた時に使われます。

「すめん?そめん?」みんなが知っている言葉、読み方の正解は...?

読み方 素面 読み方 素面

💅 これは通常では口にしないような、酩酊時でなければ口にしないようなことを言っても、それを口にする人物は通常の状態であることを表す時に使われる例のひとつです。 「素面」の例文• そのように、お酒は何かと人の顔色を変えると考えられています。 参考文献 根元 浩『杏仁豆腐はキョウニンドウフが正しい!大人が読み間違うと恥ずかしい漢字』(中央公論新社) 村石利夫『日本語「間違い」辞典 温厚?温好?一所懸命?一生懸命?どっちが正しい! 元々シラフは、お酒を飲んでいない時の顔の状態から呼ばれています。

18
また、お酒を飲むと、アルコールの影響で顔が赤らんできますが、この時、顔面の状態は普段と変わるため「シラフではない」と言えます。 シラフは飲酒していない顔色を表す言葉!使える時に使ってみよう シラフの意味は「飲酒していない顔色・様子・人」を表し、特に何も無い(無事)いつも通りの顔色を意味します。