四国 梅雨入り いつ。 四国の梅雨明け時期!2021年はいつ?

四国の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

😄 2021年 四国地方の梅雨入りは5月25日から6月8日くらいの予想! 過去の四国地方の梅雨入り時期のデータから予想すると、 2021年の四国地方の梅雨入りは5月25日から6月8日の間くらいになると予想できそうです。

20
68年間で梅雨期間が60日以上続いた年は、1991年の61日と合わせた2回きりであり、こちらもとても珍しいことがわかります。

中国地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2021年はいつ?

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

💕 梅雨明けは、九州南部では7月13日~7月17日頃、九州北部では7月21日~7月25日頃で平年並か平年より遅い見通しです。 皆さんご存知、四国は 徳島県、香川県、高知県、愛媛県 を指します。 海に囲まれているので、新鮮な魚介を使ったグルメも充実しています。

6
そこで、もう少し現在に近い時代からの平均も調べてみることにしました。 今回はそのデータを元にしてひと目で分かるようにグラフを作成してみました。

四国の梅雨入り時期!2021年はいつ?

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

🤙 なんと、四国は 62%の確率で、梅雨明けが遅くなっています。

13
気象庁の過去のデータによると、エルニーニョ現象現象の起こった年の四国地方の梅雨明けは遅れる傾向にあると出ています。

四国の梅雨入り2020年の時期予想!平年はいつから?過去最速は?

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

✋ そして6月上旬に梅雨入りした年は39回で58%、6月中旬に梅雨入りした年は11回で約16%となっていますので、四国地方では6月1日~6月10日頃までに梅雨入りした年が全体の6割を占めていることがわかります。 四国地方の梅雨明けの平年時期は7月18日頃となっているので、梅雨明け後に旅行に行かれる際はお子さんが夏休みに入る7月25日あたりから計画するとよいかもしれませんね。 ほぼ1ヶ月の開きがありますが、6月20日以降の梅雨入りは過去68年間において僅か2回しかありません。

5
過去68年間で梅雨期間が20日以内だったのはこの1度きりであり、とても珍しいことがわかります。 2020年は5月10日に全国をさきがけて奄美地方で梅雨入りし、翌5月11日に沖縄で梅雨入りを迎えました。

【2021年】四国地方の梅雨入り・梅雨明け時期を徹底予想!

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

💢 69年間の梅雨入り日の平年時期は6月7日頃となっていて、 平均値を表す黒線が右下がりになっていることから 梅雨入り時期は早まっている傾向がみてとれます。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 近畿 6月9日~6月13日頃 6月7日 7月22日~7月26日頃 7月21日 東海 6月9日~6月13日頃 6月8日 7月22日~7月26日頃 7月21日 関東・甲信の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、平年より遅い6月9日~6月13日頃の見通しです。 梅雨明けは早め、梅雨明けは逆に遅めということでしたよね。

3
・「梅雨の時期の降水量の平年比(地域平均値)」は、全国の気象台・測候所等での観測値を用い、概ね梅雨の期間に相当する6~7月(沖縄と奄美は5~6月)の2か月間降水量の平年比 % を各地域で平均したものです。 それは私たちも自由に見ることができます。

四国の梅雨入り時期!2021年はいつ?

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

🖕 2021年の中国地方の梅雨期間の傾向はどうでしょうか? 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、中国地方の最も短い梅雨期間は1978年の22日でした。

今回ご紹介した予想は、あくまで平年値を元にした予想ですので、参考程度になさってくださいね。 梅雨期間中は前線の活動が活発な時期もあり、大雨に注意が必要です。

四国の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

いつ 四国 梅雨入り いつ 四国 梅雨入り

☝ ただ、どんなものにも「例外の年」というのはつきものなので、 2020年がこの傾向からもれる可能性もあります。

2
また6月下旬に入ってからの梅雨入りは、1967年と1968年の2年間だけであり、6月上旬までに梅雨入りしている直近5年間の傾向と比べても、とても珍しいことがわかります。