ツゲ 属。 イヌツゲの育て方

つげの木とは?

属 ツゲ 属 ツゲ

🍀 病気と害虫 病気:ほとんどありません。

・細かな葉が次々に層を成すことから「継ぐ」が転訛してツゲになったとする説や、木目が丈夫なために、「強木目木(つよきめぎ)」とされ、それが転訛したとする説などがある。 ダニがいれば紙の上に小さなダニが落ちてきます。

【ツゲ】剪定の基本を庭師が伝授

属 ツゲ 属 ツゲ

☕ 【イヌツゲとは】 ・日本全土の山野に見られるモチノキ科の常緑低木。

ツゲの葉は対生(同じところから左右に発生する)のに対し、イヌツゲは互生(互い違いに生える)という大きな違いがある。

ツゲ

属 ツゲ 属 ツゲ

👏 ツゲ属 Buxus microphylla Siebold et Zucc. 磨くと艶が出る。 種の数については、分類の仕方によって開きがあり、30~70種とされている。

昆虫には人気であり、ミツバチが集まる蜜源となる。 (「黄楊」を総じて 「ボックスウッド」と 呼ぶこともある) ・「夕されば 床のへ去らぬ 黄楊枕 いつしかと汝(な)は 主待ちがてに」 万葉集 「君無くは 何 なに ぞ身よそはむ くしげなる 黄楊(つげ)の 小櫛(をぐし)も 取らむと思はず」 万葉集 播磨娘子 (はりまのをとめ) ・「黄楊」シリーズ 黄楊 __________________ __________________ __________________ 大判写真 __________________ Copyright C Since 1997 Atsushi Yamamoto. ツゲを植える方角は南西、西、北、東が吉と幅広い。

ツゲ(柘植)縁起

属 ツゲ 属 ツゲ

☎ イヌツゲは本種同様に庭木として植栽される低木ですが、ツゲ科ではなくモチノキ科の植物です。 japonica 和名 : ツゲ 黄楊・柘植 英名 : boxwood ツゲ科ツゲ属の常緑低木で関東以西の山地に自生する 葉は対生・楕円形で小さく堅い、春には淡い黄色の細かい花を付ける 本黄楊とも呼ばれる本材は黄褐色で木質が極めて緻密である為、櫛・将棋の駒・印材などに幅広く利用される 主な産地は九州南部や東京都御蔵島で特に鹿児島県で生産されたものを「薩摩黄楊」、 御蔵島で生産されたものを「御蔵島黄楊」と呼んで区別している(御蔵島黄楊の方が多少黄色が強い) とても成長が遅いため植林が追い着かず、材として使える現存数が少なくなっている 梅雨時に葉が黄色になることから、「つゆき(梅雨黄)」がしだいに「つげ」に変化したといわれている 漢名は「黄楊木」 一般に庭木、街路樹に用いられるマメツゲ(モチノキ科モチノキ属)や イヌツゲ(モチノキ科モチノキ属)とは似ているが別の木である. 花序は腋生又は頂生、総状花序又は密な穂状花序、苞がある。 イタヤカエデの変種であるその名もタイシャクイタヤは帝釈峡でしか見ることができません。

1つの雌花の周りに数個の雄花が付きますが、ぱっと見ではそれが1つの両性花のように見えます。

ツゲ属とは

属 ツゲ 属 ツゲ

☣ 玉仕立てにして北西に植えるのも良い。

成育がおそく、材はきわめて緻密で重硬。 このため材は緻密で木目が細かく、良質の材木となる。

ツゲ(柘植)

属 ツゲ 属 ツゲ

👀 特徴 低木又は小高木、まれに亜低木又は多年草。 なお、別名のアサマツゲは自生地の一つである三重県の朝熊山にちなむ。

葉はツゲよりも幅が細くて小さい。 庭木としての利用はイヌツゲが圧倒的に多い。