マクラーレン 765lt。 マクラーレン 765LTに見る最新軽量化技術。「軽さ」で一頭地を抜く英国製スーパーカー戦略とは

【価格/スペック/内装は?】マクラーレン新型車、765LT 最高速度330km/h ローングテールを名乗る限定モデル

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

♨ 自信があれば、電子制御アシストはすべてオフにし、より深いドリフトアングルに持ち込むこともできるだろう。 いずれにも共通するコンセプトは、サーキットでのスピードを追求するモデルであるということ。

「しかし我々はさらなる軽量化を目指し、車両のあらゆる部分を精査したのです。 ホイールベースは2670mm。

マクラーレン765LT 内装・外装など51枚 【画像・写真】

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

🚀 765LTのほかにも、さまざまなモデルの動画が多数アップされており、マクラーレンの世界を味わうには、素晴らしいコンテンツとなっている。 足もとは、10本スポークのウルトラ・ライトウェイト鍛造アロイホイール、チタニウム製ホイール・ボルト、専用のピレリPゼロ・トロフェオRを標準装備する。

9
この765LTは、スーパー・シリーズの最高峰として限定生産される。

マクラーレン、765LTを公開! ロングテールシリーズ最新作は0

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

✋ 720Sのエキゾーストシステムに比べても3. さらにアクセルペダルを踏み込むと、やや予測が難しくなる。 また、フロントの最低地上高は5mm低くなり(リアは変更なし)、フロントのトレッドは6mm拡大されている。

15
(webCG) 関連キーワード: , ,. 例えば、ブレーキキャリパーはフロントがボルケーノレッド、リヤがアゾレスオレンジに。 これらに加え、カーボンファイバー製のフロアやユニークなドア・ブレード、そして拡張されたリアディフューザーなどが組み合わされて、エアロダイナミック・ダウンフォースは720Sより25%も増大している。

マクラーレン、新型ハイパフォーマンスハイブリッド「アルトゥーラ」

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

☘ 765LTは、4.0リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高出力765馬力、最大トルク800Nmを発揮。

3
ルーツはもちろん1990年代後半にサーキットで活躍したレースカー、マクラーレン F1 GTRのロングテール仕様車である。

765馬力、最高時速330キロのモンスターマシンが上陸! マクラーレン 765LTが日本初公開

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

🤜 カーボンファイバー製シェルのシートなど、内外装のあらゆる部分で軽量化施策を投入した765LT。

20
McLaren 765LT Visual Carbon Fibre マクラーレン 765LT ビジュアル カーボンファイバー フルビジュアル・カーボンファイバー仕様も製作 マクラーレン・オートモーティブは、英国サリー州ウォーキングのマクラーレン・プロダクション・センター(MPC)において、ロングテールの名称が与えられたスペシャルモデル「765LT」の生産をスタートした。 おそらくマクラーレンなら、765LTをもっと明確に速さを求めたモデルにも仕立てられただろう。

【喜びを追求したスーパー・シリーズ】マクラーレン765LTへ試乗 セナに迫る765ps 後編

765lt マクラーレン 765lt マクラーレン

✆ 765LTはフロントスプリッターやフロントバンパー、フロントフロア、サイドスカート、リヤバンパー、リヤウイング、リヤディフューザーはもとより、ライセンスプレートのホルダーにさえカーボンファイバーを使用。

17
カーボンファイバー剥き出しのフロアは、標準装備ではマクラーレンロゴが入ったマットでトリムされている。 2015年にロングテールの名前を復活させ、多くの人々のあこがれとなった675LTならびに600LTの後継となる765LTは、ドライバーとマシンとの一体感、さらなる高性能、車体の軽さおよびサーキット指向のダイナミクスといった、1990年代後半に登場した伝説のマクラーレン F1 ロングテール・レースカーをルーツとする、LTの特徴をまさに具現化している。