ミリシタ ハイ スコア。 「ミリシタ」,イベント「プラチナスターツアー~クルリウタ~」が開催中

『アイマス ミリシタ』で“聖ミリオン女学園”イベント開催

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

☭ 「カーテシーフラワー」スペシャルMVを公開しました!• 「具体的なユニット例」の項目で詳しく解説しています。 ひなたのセンター効果がゲストの杏奈にも適用されるためです。

8
スコアランキングにて不自然な順位を獲得する "Xyzxyz"がいました。 この前にフルコンも取りましたがあまりスコアは振るわなかったです 次にジュリアのスキルレベルをMAXにして、SRの千早をIN センター効果とゲスト効果込みで合計アピール値を計算したら千早の方がちょっと上だったことに気づいたのと、サポートメンバーに千鶴を入れて底上げできるかなという考え。

リズムゲームでの指の使い方

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

📞 ・どうやってユニットを組めばいいの? これ書いてる途中で美咲メモに全部書いてあることに気づいたんですが、もったいないので最後まで書きます。 MMをコンティニューしてでもクリアさえしていれば、オートライブで100万を狙えるようになっています。

10
このカードをセンターにする場合は、ボーカル値の高いカードをユニットに揃えてあげると、より高いアピール値を得ることができます。

【ミリシタ】スコア100万ミッションについて考える|リアン|note

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

🌭 例ではSR3枚がAngel、SSRがPrincess・Fairyになっていますが、SSRを同タイプで揃えたりSRとSSRを1枚ずつ揃える等、 手持ちに応じて柔軟に運用できるのも見逃せません。 年末年始には通信が不安定になりやすいので、ネットが重い時などは注意しましょう。

例えば9秒間隔でスコアアップが発動するカード同士が同じタイミングでスキル発動したら、どちらかのスキルはスコアに反映されないみたいです。

【課金を考えている方必見!】ミリシタに課金は必要?課金に関連する情報まとめ

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

👎 アピール値で優る春香ではなく杏奈を借りているのはこれが理由です。 これめっちゃ便利ね。 よって、 色が違うスキルなら秒数が同じでもOK! 安心して担当の限定を入れましょう! なんなら担当艦隊で100万目指すことも不可能ではないです。

6
なので、出来る限りアイドルのタイプを揃えて、センター効果を最大限に受けられるようにしましょう。 好きなアプリをインストールしてプレイすれば、必ずiTunesギフトコードやAmazonギフトと交換できるポイントを獲得できます。

【ミリシタ】編成事情とハイスコア:ゲーミング惰力

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

⌚ そのときのフルコンがイベント時の最高記録でした。 オール4凸わけではなかったし、オールSSRでもなかったです。 。

18
机に置いてやってみる スマホを手に持って親指でプレイする人も多いですが、 机に置いたほうがやりやすいという意見が多数派のようです。

『アイマス ミリシタ』で“聖ミリオン女学園”イベント開催

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

👍 例えばPrincess曲をプレイする場合には、ユニットのうち3枚をPrincess、FairyとAngelから1枚ずつ、と選べばよりアピール値を高めることができます。 もしもイベント楽曲にViステータスアップ効果がある場合は星との入れ替えも視野に入りそうですね。 根本的にアピール値不足だったかも…。

13
また、イベント限定のコミュをお楽しみいただけます。

【課金を考えている方必見!】ミリシタに課金は必要?課金に関連する情報まとめ

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

😘 次に紬のマスターランクも上限 4凸 までにしました。 より安定してスコア100万を目指すことができます。

13
親指をゆっくり動かしているとなかなか上達しないので、忙しい譜面では親指をキビキビ動かすことを意識すると対応しやすくなるでしょう。 詳しくは、をご覧ください。

【ミリシタ】編成事情とハイスコア:ゲーミング惰力

ハイ スコア ミリシタ ハイ スコア ミリシタ

🙄 つまり、ライブ中「 色の違うスキルは重複して高い効果を出せる」ということです。 スキルごとに決められた秒数の間、決められた倍率でPerfect,Great判定となったノーツのスコアが上昇します。 29日目を担当させていただきます、今企画2回目の登場のあすぱらです。

一般的にレアリティが高いカードほど能力値が高いです。 100万を狙う段階では、ダブルブーストはあまり大きな影響を与えないというのが筆者の私見です。